はじきの法則と最悪な覚え方

はじきの法則と最悪な覚え方
669 Views

はじきの法則って覚えてますか。

愛、おぼえていますか。

覚えていないなら、それは覚え方が悪かったからです。

はじきの法則は最悪?

なんだかいろんな意見がありますね。

小学生はまだ早い!とか小6からとか中学入試に必要だとか。教え方や変な風に覚えてしまうと最悪だとか。

なぜ「はじき」は世界最悪なのか?【次元解析】 – shakayamiの日記

はじきの法則の覚え方

道のりと早さと時間とかね。
算数検定とかね。

小6とか。小学生の高学年になる前ぐらいからでも算数検定とかなにかしらの検定試験を受けてみて、それで合格して成功体験を積むも良し!

仮に落ちても挫折を味わうことでそれ自体が自身の成長の糧となるので良いと思います。問題化は教え方とか覚え方とかではなく、どんな体験と経験を積むのか。そこが大事かなー。

はじきの法則への批判

まあ批判する人もいるでしょう。それが世の中ですわ!

はじきの法則は小学生から?

小学生から学ぶ人もいるでしょう。

はじきの法則の計算問題はいつから?単位は?

いつから?でもあまり低学年とかは最悪だとか。計算問題ですからね!中学入学の頃には習得して単位に活かしたいところでしょうね。

計算問題もですが。この世は数字が大事ですからね。数学は大事。また機会があればはじきの法則とか書いてみるつもりです。