Solanaのアドレスの作り方とAccess Protocol(ACS)

Solanaのアドレスの作り方とAccess Protocol(ACS)株とか仮想通貨とか投資信託
統計情報
  • 9
  • 7
  • 15
  • 10
  • 369
  • 87,232
  • 49,289
292 Views

ACSとソラナについて興味が出てきたので、今回はブログに書いてみました。

仮想通貨について

まずはじめに、仮想通貨とは暗号化技術を用いたデジタル通貨のことで中央集権的な機関や政府による発行・管理がなく、分散型台帳技術であるブロックチェーンを利用して取引履歴が記録されるというものです。

代表的な仮想通貨としては、ビットコインやイーサリアム、リップルなどが有名ですよね。

仮想通貨はいまや、世界中の取引所で取引がされており一部の店舗やサービスでも利用できるようにまでなっています。

仮想通貨には通貨としての機能だけでなくブロックチェーンを利用した様々なサービスやアプリケーションが開発されていて、例えばスマートコントラクトと呼ばれる自動契約書を実行するためのプログラムを実行することができるイーサリアムが有名ですね。

仮想通貨には価格の大幅な変動があるため投資目的での利用もされていますが、未だに規制が不十分であり、取引や保有に関しては注意が必要となってます。

トークンとエアドロップについて

トークンとはブロックチェーン上で発行される仮想通貨の一種で、主にICO(Initial Coin Offering)やSTO(Security Token Offering)などの資金調達手段で使用されます。

これってなんのこっちゃ?と思うでしょうが、要は上場前の上場前の株を買うIPO(新規公開株)みたいなもんでしょうか。

エアドロップはブロックチェーン上で発行されたトークンを無料で配布することで、トークンの発行元がそのトークンをより多くの人々に知ってもらい、利用してもらうために、無料でトークンを配布することがあります。

エアドロップは、トークンを保有している人全員に配布されることもありますが、一定条件を満たす人だけに限定されることもあります。

エアドロップに参加するには通常は公式のTwitterやTelegramなどのアカウントをフォローする、特定のアドレスに一定量のトークンを送信する、あるいは特定のフォームに情報を入力するなどの手続きが必要です。

エアドロップは、参加者にトークンを無償で提供してくれるため、多くの人が参加していますが、トークンの価格が暴落することもあるため、投資家は注意が必要です。

Access Protocol(ACS)って?

Access Protocol(ACS)は分散型のコンテンツ配信プラットフォームを提供するプロジェクトのこと。

ACSはブロックチェーン技術を利用して既存の中央集権型のコンテンツ配信プラットフォームに対する課題を解決しようとしています。これはブロックチェーン上でトークンを発行し、コンテンツ配信プラットフォーム上で取引が行われるようになるというもの。

ACSの特徴

ACSの特徴の一つは、コンテンツ配信において配信者が最大限に報酬を得られるようにすることです。

ACSは、取引手数料や配信費用を最小限に抑え、配信者により多くの報酬を与えることができます。また、ブロックチェーン上での取引が透明性を高め、安全性を向上させることができます。

ACSはこれまでの中央集権型のコンテンツ配信プラットフォームに比べ、より公平で分散的なコンテンツ配信プラットフォームを目指しています。

ふーん、なるほど。。

SolanaとSolanaのアドレスについて

Solanaは分散型アプリケーション(dApp)のための高速でスケーラブルなブロックチェーンプラットフォームで、独自のProof of History(PoH)コンセンサスアルゴリズムを採用しており、高速なトランザクション処理を実現しています。また、Solanaは、スマートコントラクトの開発にも対応しており、Ethereumと同様にdAppの開発が可能です。

Solanaのアドレスは64文字の英数字の文字列で構成されていて、トランザクションの送信や受信、および残高の確認などに使用されます。SolanaのアドレスはEthereumのアドレスと同様に、他の人に共有することができます。ただし、SolanaのアドレスはEthereumと異なり、EthereumのERC-20トークンと互換性がないため、注意が必要です。

Solanaのアドレスには2つのタイプがあります。1つは、通常のアドレスで、受信用に使用されます。もう1つは、プログラム用のアドレスで、スマートコントラクトやdAppを実行するために使用されます。

なんかソラナが人気みたい。

Solanaのアドレスの作り方

Solanaのアドレスは、ウォレットアプリケーションを使用して作成することができます。

以下は、Solanaのアドレスの作り方の基本的な手順です。

Solanaウォレットアプリケーションをダウンロードします。
Solanaの公式サイト(https://solana.com/)から、ウォレットアプリケーションをダウンロードしてインストールします。

アプリケーションを起動します。ウォレットアプリケーションを起動し、必要な設定を行います。

新しいアドレスを作成します。ウォレットアプリケーション内で、新しいアドレスを作成します。新しいアドレスを作成する場合、ウォレットアプリケーションはランダムに生成された64文字の英数字の文字列を提供します。

アドレスを保存します。新しいアドレスを作成した後、ウォレットアプリケーションによって生成された64文字の英数字の文字列を保存します。このアドレスは、トランザクションの送信や受信、および残高の確認などに使用されます。

アドレスをバックアップします。Solanaのアドレスは、秘密鍵として機能します。秘密鍵をバックアップすることで、アドレスに関連付けられた資産を安全に保管することができます。

ウォレットアプリケーションによっては、秘密鍵をバックアップするための手順が提供されますので、必ずバックアップしておくことをお勧めします。

これってビットコインアドレスみたいなもの?

Solanaのアドレスはビットコインアドレスと同じような役割を持ってますが、ビットコインアドレスとは異なる形式をしていてちょっと違うみたい。

ビットコインアドレスはBase58エンコードされたアルファベットと数字の文字列で表されますが、SolanaアドレスはBase58ではなく、Base58Checkエンコードされた文字列で表されます。また、Solanaアドレスは、64文字の英数字の文字列で構成されており、ビットコインアドレスよりも長くなっています。

Solanaのアドレスはパソコンから作れる?スマホからは作れる?

Solanaのアドレスは、スマートフォンから作成することができます。Solanaの公式ウォレットアプリは、iOSおよびAndroidデバイスで利用可能です。

Androidデバイスをお持ちの場合、以下の手順でSolanaのアドレスを作成することができます。

Google Playストアから、Solanaウォレットアプリをダウンロードします。

Solanaウォレットアプリを起動し、新しいウォレットを作成します。

ウォレットを作成するには、いくつかのセキュリティ設定を行う必要があります。これには、ウォレットのパスワードの設定、秘密鍵のバックアップ、およびウォレットの名前の設定が含まれます。

ウォレットが作成されると、Solanaのアドレスが表示されます。アドレスは、64文字の英数字の文字列で構成されています。

Solanaのアドレスをコピーして、必要に応じてトランザクションの送信先として使用できます。

以上が、AndroidデバイスでSolanaのアドレスを作成する基本的な手順です。ただし、Solanaウォレットアプリのバージョンや使用するデバイスによって手順が異なる場合がありますので、詳細はSolanaの公式サイトから入手できるドキュメントやヘルプを参照して、正確な手順を確認するといいでしょう。

ちなみにSolanaのアドレスはパソコンとスマートフォンのデバイス間で互換性があるみたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました